EVENT

Communicate the 3R to children in an easy-to-understand manner 子どもに分かりやすく伝えられる3R

環境・経済に持続可能な社会の推進を目指しSDGs運動が広がるにつれ、身近なことから取り組もうと様々な活動が青森県でも続けられている。弘前市にある弘前地区環境整備センターの隣にある環境整備センタープラザ棟では、捨てられるごみの再利用として、「廃品おもしろ工夫展」を開催している。

As the SDGs movement spreads with the aim of promoting an environmentally and economically sustainable society, various activities are being continued in Aomori Prefecture to tackle things that are familiar to us.
At the Environmental Improvement Center Plaza Building next to the Hirosaki District Environmental Improvement Center in Hirosaki City, we are holding an “Interesting Ingenuity Exhibition” as a way to reuse discarded garbage.

今回のテーマは、「紙の芯を使った作品」。テープの芯やトイレットペーパーの芯など、身近なものを使った作品が周辺市町村の小学校から出品されている。
学年ごとに展示され、それぞれの年代にあった工夫がこらされている。

The theme this time is “a work using a paper core”.Works using familiar items such as tape cores and toilet paper coresby elementary schools in the surrounding municipalities are on display.
It is exhibited for each grade and has been devised for each age group.

弘前市は、家庭のごみを減らす3Rに取り組んでいる。
Hirosaki City is working on the 3Rs to reduce household waste.
Reduce(リデュース)=ごみの発生を減らすこと。Reduce the generation of garbage. Reuse(リユース)=くり返し使うこと。Use it repeatedly. Recycle(リサイクル)=資源として再生利用することRecycling as a resource

環境問題は、待ったなしの緊急課題だが、なかなか、日常的に意識しにくい。このような工作展で子供と共に地球の環境とごみの問題について考えるきっかけにすることができ、自分の家から出るごみが3Rにあたるものがあるかどうか調べるのも、子供の学びを深めることに役立つ。環境保護やSDGsが目指す持続可能な社会の実現に貢献する第一歩になる。
Environmental problems are urgent issues  but it is difficult to be aware of them on a daily basis.This kind of handicraft exhibition can be an opportunity to think about the global environment and waste problems with children. Finding out if the garbage from own house is equivalent to the 3Rs will also help your child deepen their learning.

This is the first step to contribute to environmental protection and the realization of a sustainable society aimed at by the SDGs.

弘前地区環境整備センターは、焼却したごみの焼却熱を使いごみ発電を行い、施設の電力やプラザの電力に有効利用している。小型野菜栽培器では、焼却熱から作られた電力を利用し、人口光で通年栽培し、収穫された野菜は、プラザ棟で行われるエコクッキング教室で使われる。

The Hirosaki District Environmental Improvement Center uses the heat of incineration of incinerated waste to generate electricity.
The generated electricity is effectively used for facility power and plaza power.

In small vegetable grower, vegetables are cultivated year-round in artificial light using electricity generated from the heat of incinerator.
The harvested vegetables are used in the eco-cooking class held in the Plaza Building.

関連記事

  1. EVENT

    Cardboard Cosplay “Danborian” 段ボールでコスプレ ダンボリ…

    12月15日青森市で段ボールを使ったコスプレの大会「ダンボリアン2」が…

  2. Local lifestyle

    Let’s learn more about Aomori Scallop!

    8月31日(土)、青森市アピオ青森で、青森ホタテについてもっと学びまし…

  3. Topics

    Aomori Prefecture Development: Innovative Producti…

    K.Yamauchi日本と言えば「寿司」。海外でも広く知られて…

  4. Local lifestyle

    Hot spring delivery 「BORING BATHters」

    4月16日、全都道府県に発令した特別措置法に基づく緊急事態宣言で、青森…

Recent Articles

CONTENT

LOCATION

  1. Local lifestyle

    Suggestion of new approach of local tour…
  2. History & Culture

    Sociability of New Zealand ニュージーランドの社交…
  3. Local lifestyle

    New Year in Aomori 青森のお正月
  4. CONTENT

    Ecological Agriculture / Reusing Utility…
  5. Aomori Popular Spot

    山に登ろう! Let’s Climb Mountains!
PAGE TOP