Topics

Study and training at Tsugaru Kanayama Yaki from the Philippines   フィリピンから津軽金山焼で研修   

五所川原市の津軽金山焼(http://kanayamayaki.com/)に、陶芸技術を学ぶためにフィリピン人のアルフレッドさん(Mr.Alfred Mark Calabio Trajeco)が、ほぼ1年半前から研修に来ている。

アルフレッドさんは、フィリピン大学ディリマン校のUPCFAセラミックスタジオのセラミックインストラクターである。

Mr. Alfred Mark Calabio Trajeco, a Filipino, has been training at Tsugaru Kanayama Yaki in Goshogawara City for almost a year and a half to learn ceramic art techniques. Alfred is said to be a Ceramic Instructor at UPCFA Ceramic Studio – University of the Philippines, Diliman.

津軽金山焼は、かつてこの地にあった須恵器の強い影響を受け、1350度の高温でじっくりと焼きあげて固める「焼き締め」の手法で焼かれたぬくもりのあるやきものだ。近くから陶芸に適した土や、燃料の木材が豊富にあるため、他の窯元と違い、毎週のように窯に火が入れられ陶器が焼かれるという。そのため、研修生は、短期間で何度も自分の製作物を焼くことが出来、充実感を味わうことが出来るという。津軽金山焼には今までに28ケ国180人の海外研修生が研修に来ているという。アルフレッドさんも「金山焼は、陶芸を習得するために必要な設備や技術がすべて揃っているので好きです。ここでは、窯作り、粘土加工、ジガー加工、ホイールスローイング、ハンドビルディング、スリップキャスティング、型作り、窯薪焼きなどのすべてのプロセスを学びました。金山粘土窯造りが大好きで、生土から粘土を加工する方法や窯の作り方をたくさん学びました。ここカナヤマヤキでの私の学びと経験は、すでに私の心と人間に刻まれています。 ここ金山で学んだことを生徒たちに教えます。 自分の製品を作るためのスタジオを所有したり、学生に教えるためのワークショップを実施したりしたいと思います。マニラに戻ったら、自分の知識や経験を生徒たちにも伝えたいと思います。」と言う。

Tsugaru Kanayama Yaki  is a warm pottery that was made by the ” high-fired unglazed ceramics” method, which was slowly baked and hardened at a high temperature of 1350 degrees Celsius, under the strong influence of the Sue pottery that once existed here. Unlike other potteries, the kiln is lit every week and the pottery is burned since there is abundant soil suitable for pottery and wood for fuel from nearby area. Therefore, trainees can bake their own products many times in a short period of time and can enjoy a sense of fulfillment. It is said that 180 overseas trainees from 28 countries have come to Tsugaru Kanayama Pottery for training so far.

Mr. Alfred said that, “I like Kanayama Yaki because it has all the equipment and techniques necessary to master ceramic art. Here one is able to learned all the processes of pottery making, clay processing, jigging, wheel throwing, hand building, slip casting, mold making, kiln wood burning and more. I love making Kanayama clay kilns, and I learned a lot about how to process clay from raw soil and how to make kilns. My learning and experience here in Kanayama Yaki had already engraved in my heart and human beings. When I return to Manila, I would like to share my knowledge and experience with my students. I would like to own a studio to make my own products and hold workshops to teach students what I have learned here in Kanayama.

フィリピンでは、焼き物に適する土が無く、そのため製造技術も育ってこなかったと聞きましたが、土はどうするのか聞いてみた。

「今のところ、フィリピンはタイから粘土を輸入しています。 フィリピンにはたくさんの土や粘土の資源がありますが、陶器に使えるように処理するのに十分な知識がありません。 ここカナヤマヤキで粘土を加工することを学んだので、学んだことを応用して、戻ってきたら自分で粘土を作ります。」と言う。

There is no suitable soil for pottery making back in the Philippines, but the method applies to the soil.

“For now, the Philippines imports clay from Thailand. In the Philippines has a lot of soil and clay resources, but we don’t have enough knowledge to process it for use in pottery. I have learned to process it, hence I will apply what I have learned and when I come back, I will make my own clay.” Said by Mr. Alfred.

熱心に研修するアルフレッドさんは、金山焼のスタッフにも評判が良く、作品も個性的だ。春に金山焼の祭りがあった時に出品した作品、フィリピンの竹を模したスマートフォンのスピーカーやフィリピンの豊穣の神様It’s God for good harvest. It’s called “BULUL”はお気に入りだ。

Mr. Alfred, who trains enthusiastically, has a good reputation among the staff of Kanayama Yaki, and his work is unique. the work exhibited at the Kanayama Yaki Festival in the spring, the speaker of a smartphone that imitates the bamboo of the Philippines, and the god of fertility in the Philippines It ’s God for good harvest. It ’s called “BULUL”.

2年近く研修してきたアルフレッドさんは、6月下旬には帰国する。

その前に、十和田に行きたいという。十和田湖には行ったことがないので、フィリピンに帰る前に見たいです。 日本最大のカルデラで、とても美しい場所だと聞いたので必見です。桜の時期に芦野公園と駅に行ったことがありますが、とても美しく、とても自然です。 思い出に残る桜を体験するのは初めてです。 フィリピンにはありません。

Alfred, who has been training for nearly two years, will return to Philippine in late June.
But before that Mr. Alfred would like to visit Towada lake. He had never been there and would really want to stop by for once. It is the largest caldera in Japan and it is a very beautiful place, so it is a must-see. He has been to Ashino Park and the station during the cherry blossom season, and it is very beautiful and very natural. It is the first time to experience a memorable cherry blossom that is not present in the Philippines.

Lake   Towada

Ashino Park

すっかり青森が気に入ったアルフレッドさん、彼からのメッセージです。

私は日本が大好きです、すべてがとても素晴らしくて美しいです。 青森はいつまでも私の心の中にあり、私にとって忘れられない場所であり、私の第二の故郷のようです。パンデミックが終わったら、来年の春にカナヤマヤキに行く予定です。 カナヤマヤキ春祭りに参加して、新しいデザインや商品を作りたいです。

This is a message from Mr. Alfred, who completely in loved with Aomori.
I love the Japan, everything is so nice and beautiful. Aomori will be in my heart forever, it’s a memorable place for me, it’s like my second home.
I’m planning to visit Kanayamayaki next year on Spring if the pandemic is over. I want to participate in Kanayamayaki Spring Festival and make some new designs and products for the festival.

 

 

 

関連記事

  1. Food

    Seasonal ingredients of Tsugaru during Cherry blos…

    桜の季節に、ガサエビと同じく津軽の人達が楽しみにしている食材が「トゲク…

  2. Letters from abroad

    My reminiscence 僕の思い出

    The first time when I knew I was go…

  3. History & Culture

    Hina Matsuri  Spring messages from the snow countr…

    3月3日は、女の子のお祭り「ひな祭り」。ひな祭りの由来には諸説…

  4. Local lifestyle

    Sakuragawa cafeteria Sakuragawa , Aomori city   …

    近頃、日本では、朝ごはんや晩ごはんを十分に食べることができない子どもた…

  5. Food

    我が家のお盆料理

    我が家のお盆料理 Our Cuisine for Bon Festiv…

Recent Articles

CONTENT

LOCATION

  1. Food

    “Kakke” The mysterious food …
  2. Topics

    Correspondence to Corona virus/Covid-19 …
  3. History & Culture

    China’s East Lake Cherry Blossom Garden,…
  4. Letters from abroad

    My reminiscence 僕の思い出
  5. EVENT

    Sakuragawa cafeteria Mochi making (moc…
PAGE TOP