Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

History & Culture

Isabella Lucy Bird and City, Kuroishi イザベラバードと黒石

イサベラ・バードは、明治時代の英国人女性旅行家。

Isabella Bird was a British explorer in nineteenth century.

「日光金谷ホテル所蔵」”Collection of Nikko Kanaya hotel”

明治11年(1878年)の6月~9月までの3か月にわたり東北を旅した。

外国人の視点で描かれた当時の東北・北海道の農村等の人々の生活ぶりを紀行文『日本奥地紀行(Unbeaten Tracks in Japan)』(平凡社刊)に記している。

She traveled to Tohoku over the three months from June to September in 1878.

She wrote about the life of the people in rural areas in Tohoku and Hokkaido from the perspective of a foreigner in a travel document “Unbeaten Tracks in Japan” (published by Heibonsha Limited).

紀行文の中で、青森県内各地の事が記されているが、その中の一つ、黒石市には、特に良い印象を持ったようだ。

In this travel document, things in various places in Aomori prefecture are described, but one of them, Kuroishi city seems to have a particularly good impression for this author.

黒石市について、「人口5,500人の清潔な町で、下駄や櫛の製造で有名である。私はこの町で、とても綺麗でさっぱりして風通しのよい2階の部屋に案内された。あたり一帯の景色もよく見えるが、隣の家の人たちがその奥の部屋や庭園で仕事をしている様子も見えた。私の部屋は、すばらしく気持がよいので、この休息はたいそう愉快である。」と。宿が清潔であったことと、自然が美しかったことがよい印象を持った大きい要因だったらしい。

It is said about Kuroishi City, “a neat town of 5500 people,famous for the making of clogs and combs,where I have obtained a very neat,airy,upstairs room with a good view over the surrounding country and of the doings of my neighbours in their back room and gardens.”  It seems that a big factor of her good impression about the city would be the clean inn and the beautiful nature.

現在は、黒石市は、櫛や下駄ではなく、リンゴと米、温泉とこけしが有名な地域である。

Nowadays, apple, rice, hot springs and kokeshi dolls are now famous in Kuroishi city instead of combs or clogs.

バードは黒石で6日ほどを過ごした。

バード曰く、「着いてすぐ美しく絵のようなねぷた祭り」に出会い感動し、中野紅葉山や湯治場なども見物したという。

Bird spent about six days in this city.

She said that she encountered and was touched a beautifully picture-like Neputa Festival soon after arrival. She also visited Mt.Nakano-Momiji, where you can see Japanese maple trees, and therapeutic bathes.

中野紅葉山の紅葉は、時期的に見られなかったと思うが、

「秋になって、星の形の葉をつけた無数の紅葉が深紅の色をつけ、暗い杉の森 を背景として美しく映えるとき(中略)遠く旅をしてやって来る価値が充分にあるにちがいない。これほど私を喜ばせてくれたものを今まで見たことがない。」と記述している。

Autumn leaves of Mt. Nakano-Momiji might have not been seen in that time when Bird visited, but she left her comments,”in the autumn ,when its myriads of star-leaved maples are scarlet and crimson, against a dark background of cryptomeria,… it must be well worth a long journey.I have not seen anything which has pleased me more.”



中野紅葉山は、亨和2年(1802年)弘前藩主津軽寧親公が京都から百余種の楓苗を取寄せ、翌年移植してからもみじの名所となった。

Mt. Nakano-Momiji became famous as a place of Japanese maple trees after a hundred kinds of maple seedings were ordered from Kyoto and planted by Hirosaki Lord owner, Yasuchika Tsugaru in 1802.

中野神社には、樹齢約200年のモミジとモミの木、樹齢500年から700年の大杉が生育し、いずれも市の天然記念物に指定されている。今では、県内有数の紅葉の名所となっている。

In Nakano Shrine, Japanese maple or fir trees of about 200 years old or cedars of 500 years to 700 years grow. Those are designated as natural monuments of the city. It is now one of the most famous places for autumn leaves in the prefecture.

バードの時代には無かったが、中野もみじ山の近くには、工芸品やこけしの展示をしている黒石伝承工芸館や境内の一角に喫茶室があり、珈琲とドーナツがお薦めの黒森山の中に静かにたたづむ浄仙寺、ログハウスのカフェ「ル・グレ」もある。

Although there were not in the era of Bard, there is Kuroishi Traditional Crafts Center which is exhibiting crafts and kokeshi dolls, or a cafe in the shrine near Mt. Nakano-Momiji. There is another cafe named Le Grill 。In Josen temple of Mt. Kuromori where coffee and donuts are recommended.



バードが旅した時代よりは、随分と開けたが、バードが感じた心地よさは、今も変わりなくある。

From the time Bird traveled, it has been much modernized but the comfort that Bird felt still remains unchanged.

バードは、紀行文で、正確な情報の提供をし、東北の奥地の異文化理解を促してくれた。

Bird provided accurate information in her travelogue and encouraging cross-cultural understandings of Tohoku remote area.

海外からの訪問者も増加傾向にある昨今、ますます異文化理解は大切になる。

情報の入手も発信も多様化してきている。異文化を伝える手段として私たちは、誰でもいつでも手軽に発信できるようになった。この時だからこそ、バードの偉業に改めて敬意を表したい。今年は、イザベラ・バード来日140年の記念の年だ。

The number of visitors from abroad is on the rise and cross-cultural understandings becomes more important.

The ways of acquisition and transmission of information have been diversified. As a means of communicating in different cultures, anyone anytime can easily send out information. Because of this modern era, I want to pay tribute to Bird’s accomplishment again. This is Japan visit’s 140 anniversary of Isabella Bird.

関連記事

  1. History & Culture

    Lantern Floating of Ancestral Ceremonies Disappear…

    K.Yamauchi夏の間、日本各地では先祖供養として灯篭流し…

  2. History & Culture

    Foreigner-Friendly Site in Aomori 外国人に優しい遺…

    国指定史跡 小牧野遺跡National Historical Si…

  3. History & Culture

    Sociability of New Zealand ニュージーランドの社交性

    10年以上ニュージーランド(略:NZ)に住んでいたためよく日本とNZど…

  4. History & Culture

    Japanese wedding ceremony 日本の結婚式

    Japanese wedding ceremonies are con…

  5. History & Culture

    進化した津軽笛 Developed Tsugaru Flutes

    By    K.yamuchi8月は、津軽を彩るねぶた祭り(弘…

Recent Articles

CONTENT

LOCATION

  1. Topics

    Mrs.Atanaska Rangelova’s Cooking School …
  2. Local lifestyle

    “Kinka Mochi”
  3. Tourism

    A wonderful time to travelers 旅人に素敵な時…
  4. Local lifestyle

    “Let’s Make Liquor from Blac…
  5. Aomori Popular Spot

    山に登ろう! Let’s Climb Mountains!
PAGE TOP