Topics

Tokyo, Asakusa: Aomori BORO Culture became Art     東京/浅草 アートになった青森のボロ布文化

by H.Yamauchi

Work clothes that became torn in a poor condition like to come out in an old story.
It was clothing used in Aomori, a poor and snowy place.
An exhibition is now held as a “beautiful BORO (rag cloth) exhibition” in Asakusa, the leading tourist destination in Japan. (Amuse Museum, until 2019/03/31)
https://www.amusemuseum.com/

昔話に出てくるようなボロボロになった野良着。
貧しく雪深い地であった青森で、使われていた衣服である。
これらを集めた展覧会が今、日本を代表する観光地/浅草で「美しいぼろ布展」として開催されている。(アミューズミュージアムにて、2019/03/31まで)
https://www.amusemuseum.com/




Some of those smudgy fabrics were used and appeared on the episode scene depicting Japan in good old days in the movie “A Dream” directed by Akira Kurosawa. It was Mr. Tadasaburo Tanaka, an ethnic equipment researcher, who offered the worker costumes.
Mr. Tanaka has visited the villages of Aomori for 40 years to collect daily necessities in order to know the people’s clothing, food and life of the Jomon Period, Approximately 15,000 years ago (around the 131 th century BC). (He is the founder of the Shimokita Museum.)
In old days, in Aomori, a cold district, cotton wasn’t able to be cultivated, and it was said that linen was used for the daily clothes of the citizen living in rural fishing villages regardless the seasons.
Although such a rag wear has been hidden as a shame of Tohoku, it has become an impressive textile art at the beautiful BORO exhibition, seems like a fashion show.

黒澤明監督の映画「夢」の中で起用され、良き昔の日本を描くエピソードの場面に登場した。野良着を提供したのは、民族民具研究家である田中忠三郎さんだ。
田中さんは、縄文時代の人々の衣食住を知るため、40年にわたり青森の村々を訪ねて生活用具を収集してきた。
(下北ミュージアムの創設者である。)
かつて、寒冷地である青森では綿花の栽培ができず、農村漁村に住む人々の日常着は夏も冬も麻布だったという。
展覧会では、そんな東北の貧しい恥として隠されてきた粗末なボロ布が、ファッションショーの一幕のように、テキスタイルのアートとして見応えのある作品となっている。


“Mottainai”
The technology and the mind, to politely and carefully make patches, were expressed as a beautiful custom in a film, directed by Kurosawa in the world. The techniques of the quilted coat, which was applied for warmth and reinforcement, have led to traditional crafts such as Tsugaru Kogin-zashi.
Aomori rag-cloth culture was a valuable custom as a vintage fabric of people’s livelihood.

「もったいない」
丁寧に、大事に、つぎはぎをする技術と心は、映画監督、世界の黒澤に美しい風俗と表現された。
保温と補強のために施された刺子の技術は、津軽こぎんざしなど伝統工芸品につながっている。
青森のボロ布文化は、人の暮らしのビンテージとして価値ある風俗だったのだ。

関連記事

  1. EVENT

    Communicate the 3R to children in an easy-to-under…

    環境・経済に持続可能な社会の推進を目指しSDGs運動が広がるにつれ、身…

  2. Local lifestyle

    The 15th Aomori Scarecrow Street    第15回 青森かかしロード …

    青森市と外ヶ浜町を結ぶ国道280号線沿いに、沢山の手作りかかしが並んで…

  3. Topics

    Correspondence to Corona virus/Covid-19  新型コロナウィルス…

    中国の武漢から発した新型コロナウィルスは、瞬く間に全世界に広まった。…

  4. Topics

    Christmas with Tsugaru Kogin 津軽こぎんが彩るクリスマス

    東急プラザ銀座のクリスマスイルミネーションイベントとして、こぎんを使い…

  5. Topics

    Aomori Blue Expectation of inactivation effect on…

    弘前大学研究チームは、古くから染色に使われてきた「あおもり藍」のエキス…

Recent Articles

CONTENT

LOCATION

  1. Local lifestyle

    “A-BEACH” a new beach spot i…
  2. History & Culture

    Japanese Oldest Night Lamp‘ Johyatoh ’an…
  3. Topics

    Christmas with Tsugaru Kogin 津軽こぎんが彩…
  4. Local lifestyle

    Let’s learn more about Aomori Scallop!
  5. Food

    A vegan cafe that practices sustainabili…
PAGE TOP